CONTACT
社員行動基準

Emplyee Code of Conduct社員行動基準

  • 約束を守る
    他人との約束を破ると信用を失います。自分との約束を破ると自信が無くなります。一度した約束は全力で守りましょう。また、守れない約束を安易にしないことです。
  • 時間を大切にする
    会社において、時間は全てコストに換算されます。1人が5分遅刻すると、会社にとっては5分×待たせた人数の損失です。また、人間にとって時間=人生そのもの。限りある時間を有効に使うことです。
  • 稼ぎ癖と節約癖をつける
    収入-費用=利益。会社にとって利益は次の成長のために必要不可欠なもの。そのためには仕事は数字で考え、数字で話すことです。
  • 目標を設定する
    物事を行うときは、目的と目標が必要です。目的とは、何のためにそれを行うのか?意義、意味のことです。目標とは、目的実現のために到達すべき通過点や尺度のことです。ゴールから逆算して考えることで目標が定まります。目標は達成できたかできないか、どこまで達成できているかが客観的に判定できるよう、数値化できるものであることが条件です。
  • よく勉強する
    成長するためには勉強が欠かせません。勉強には①本を読む/②優れた人の話を聞く/③現場に行く・現物を見るの3つの方法が有効です。勉強するには時間やお金が必要ですが、自分への投資を惜しまないことです。
  • 行動する
    行動だけが結果につながります。行動は最良の学習手段です。考え込んで動けない人にならず、よいと思ったことを積極的に行動に移すことです。
  • 自分事で考える
    会社に関わるあらゆることを自分ごととして考えましょう。自分の家だったら、自分の財布だったら、自分の大切な友人だったら、どのように行動するでしょうか。
  • できない理由ではなくできる方法を考える
    頭の良い人ほど、できない理由を100も考えつくものですが、それで1円の得にもなりません。どうしたらできるか、脳に汗をかいて考えることです。
  • 仲間と協働する
    1+1が2ではなく3にも10にもなるような仕事が理想です。チームワークのためによく情報を共有し、まず自分から発信し、働きかけることです。
  • 一生懸命が楽しい
    寝食を忘れて没頭するほど何かに夢中になった経験はありますか。頑張った自分に満足を覚えた経験はありますか。一生懸命にやること自体が楽しいと知っている人は幸せです。